少し愚痴を

二つ前くらいの記事で、うちの会社の社長が登校渋りの息子の相談に乗り出してくれたと書きました。

 

お声がけいただいたので改めて経緯と近況をメールで伝えました。上司や部長も含め。

 

で、昨日再びこの件について少し会話しました。

 

いろいろとおもう口へ相談の声がけをしてくださっていたり、社長自身もいろいろと調べてくれていたりと本当に親身になっていただいています。

裏には営利ななにかももちろんあると思うのですが、それでWinWinになるなら問題ないかなと。

 

だが少し、会話の端くれに私の心に刺さる言葉がいくつかありました。痛いほうです。

 

良かれと思って言ってくれていたり批判するつもりは毛頭ないのでしょうが、面と向かって言われると親として、特に母親としては痛い言葉があります。

 

「初動で抑えることはできなかったのか。」

 

抑えれてないから今があるわけだし、確かにそういわれるとそうなんだけど、わかってるんだけど、この言葉は痛いです。問題解決プロセスを考えるうえで、初動・きっかけとなる原因究明は振り返りの意味からしてもとても重要なことです。わかってます。わかります。プロセス改善などでは必ず振りかえる問題です。わかります。

 

ですが、これ、たぶん世の母親にいっちゃだめな言葉ですよね。

あのとき、ほったらかしていたわけじゃない。まさかここまで深刻化するとは確かに思ってなかった。すぐ学校に行くように戻るだろうと思ってた。それは確かに私の落ち度だ。こどものことに関する責任は、どう考えても親にある。私にある。

こどもはこどもだもの。自分で判断できないし自分で自分がわからない。

まわりの大人が、特に一番身近にいる大人が(わたしが)、一番なんとかしてやれる立場であるし解って上げれる立場であるし、やらなければいけない立場である。わかってる。

 

仕事を辞めたくないというわがままからたしかに宙ぶらりんな対応であることもわかってる。私に仕事を辞める勇気がないだけだ。生活は後からなんとでもなる。なるはず。それが怖くて踏み出せてない。

 

今、問題が解決していない以上、私は仕事を続けてる場合じゃないだろと言われたら何も言い返せない。

一応片手間に副業をしつつ、どうにか軌道に乗ればななんて安直に考えていたがそんなものうまくいくわけもない。やっとお小遣い程度稼げるようになったくらいだ。

正社員で働いているほうが断然稼げる。

 

あまり考えないようにしていたが、第3者の手をかりるということはこういう思いが続くのか。社長はカウンセラーではないからね。これほどまで言葉に弱くなってると思い知らされた。正直息子の将来が心配すぎて思い出しては昨夜から泣いている。

メンタルがやられていることに気づかないふりをしていたのに、そうしてられない。

ちょっと無理だ。社長になんていおう。会話できない。つらい。

カウンセラーだけがいい。ほんとカウンセラーは神だったんだなと。

 

息子のことになると弱い。弱すぎる。またはげる。

プログラミング学習をさせたい

夫婦そろってIT系の我が家です。

だからもし子供がIT系に興味があるならいくらでも環境をそろえたり教えたりは余裕です。

興味があるならですが。

 

我が家の上の子ははやりのSNSやらゲームやらはとても楽しくやっていますが、プログラミングとなるとちんぷんかんぷんのよう。動画編集なんかはサクサクかってにやりのけてますが。

 

うちの不登校の下の子は思考的にプログラミングが向いている。いわゆる理系脳のようです。

 

だから若いうちからプログラミングに興味を持ってガシガシこなせたらいいだろうなぁなんて安直に考えています。小学生向けのスクラッチならやりやすいんじゃないだろうか。とか。

 

以下、いろいろ餌をぶらさげてみたんですが食いつかない。

 

・スクラッチ

 最初は自分でゲームが作れる!とくいつきがよかったんですが、1からすべて組み立てないといけないということで挫折。飽きてしまいました。

・ラズパイつかってIOTデバイス

 ラズパイを使ってIOTデバイスつくるってならおもしろい!ってならないかなと。

 結局デバイスやらセンサーやら言葉の壁により興味が向かず。

・レゴマインドストーム

 初期投資が高いので親が挫折。

 

王道のプログラミング最初の一歩が進まず。でも理系脳だというのはわかってる。

そこで少し振り返ってみることにしました。

例えば、マリオメーカーやマインクラフトなんかは私が「はぁ?」っておもうくらいはまって組み立ててる。トライアンドエラーを繰り返し繰り返し、飽きずに挑む。

そうこれこれ。このハマりがプログラミングへ欲しい。

物は違えどしっかりプログラミングってる。

 

最近本屋でもプログラミングの本が並び始めました。パラ見してもやっぱり上のスクラッチでの挫折が目に見えます。そんな簡単に食いつかないよと。

実際ゲームをつくれるよ!という声掛けをしても、「もうできあがってるゲームするほうがたのしい」という回答。ご名答。その通り。。

 

scratchは最初の一歩にはとっつきやすい。でも目的がないからこどもは食いつかない。

教科書にあるような、第1章からというようなノリの本もやり方も興味がわかない。そらそうだ。

 

で、行きついたのがマインクラフトのロボット(エージェント)を操れるプログラミングが組めるこれ。

マインクラフト MakeCode。見た目はスクラッチと同じ。開発はマイクロソフト

Microsot MakeCodeはオープンソースのプログラミング学習プラットフォームです。ブロックを使ったビジュアルコーディングとJavaScriptによるテキストコーディングの2種類のエディタを切り替えながら、プログラミングできます。」とのことです。

 

これを取り扱っている本が現在一冊売っていました。それを本屋で見せて、「マインクラフトでペットみたいなロボットに命令させて家とか作らせられるんだって。」という声掛けが見事ヒット。

 

目が輝く輝く。興味のあるものへの目の輝きはそれはそれは宝石よりまぶしいw

 

いろいろ条件つけて(毎日学校行こうね、とか勉強しようね)とか言いながら、少しずつ環境構築してあげまして、今では勝手になにやら創作しています。すごい。

環境構築は親がしないとさすがに厳しい。ちまちま私も調べながら構築。

1週間ほどかかけて息子には本をぱらみさせ、MakeCodeを話題にしているYoutubeの動画を見せ、気持ちを高ぶらせました。

 

本を見たり、動画をみたりして、今ではマインクラフトの世界で楽しそうにペット(エージェント)を使ってなにやらやっています。

特に創造力がなければ難しいかもしれませんが、マインクラフト好きならハマるはず。

勝手にプログラミングの基礎を手に入れた息子。

 

今では私が帰宅するとエージェントにお帰りのダンスを命令し踊って歓迎なんてことしてくれます。

 

プログラミング学習の最初のきっかけに悩まれてるならぜひ参考に。

 

 

 

不登校でいると心配なこと

焦ったり不安になったり、でもやっぱり強制はよくないしといろいろぐるぐるしている母親です。

 

ただたまにどうしようもなく心配になるときがあります。

 

それは「世の常識を知らないときです。」

 

例えば小学校のときに経験したり、耳にしたりといった私たちでいう「常識」な情報が彼にはあまりない。それがときに、隠れていた「常識の欠落」が見えるときがある。

そんなとき私は強い不安を覚える。

 

・誰もが知っている国語の教科書に載っている話を知らないとき

 (できるだけ読ませてますが)

・音楽の時間でよく歌う歌を知らないとき

・カタカナが読めないとき

 (これはちょっと書き字障害がはいってますが)

・宿題(漢字の書き取り)を公園でしはじめるとき

 (友達と遊んでて場所がないから、、みたいな)

 

大丈夫なんかな。そんな子いまどき多いのかな。

 

 

プール授業2回目の日

プールの授業は水曜日と金曜日です。

 

今週の水曜日、3,4時間目がプールでした。

 

行く気ゼロ。

 

プールカードは確認します。が、当日行く様子がない。行かない。

仕方なく、「一緒に会社行こうか」と声をかけると「うん!」と。

 

プール授業の日は学校へも行きたくない様子。そんな強制もしてないのにw。

どちらにせよ、「はいってみる?」みたいなことを色んな人に言われるのが嫌みたい。

先生も母にも友達にも言われますからね。友達なんてそんな会話してない子にも「はいらないの?」って言われますからね。

 

結局会社についてきました。

不登校の兆しが見えた当初を思い返してみる

私が所属している会社の社長が声をかけてくれた。

「最近どう」と。

 

それに「Good!」と答えれるほどの余裕はなく、「んー。まぁ」とこの質問には黙ってしまう。

 

聞かれている内容は息子の調子であることは顔色からわかる。それがわかるからこそ、進展がない登校渋りの状態にいい返事ができない。

 

社長と少し会話をし、「きっかけってあったの?」みたいな話になった。

 

小1の7月から不登校。4月から7月初めまでは遅刻せずきちんと通えていた。

その7月のとある日に、息子にはなにかが起こったであろうことは予想できる。

 

友達とうまくいかないことがあったのかもしれない。でも保育園のころから人を嫌ったり嫌われたりといういざこざはまったく起こさない優しいタイプ。友達関係なら明白な理由が聞き出せたのかもしれない。

 

当時は本当にまったくわからなかった。今でもわからないのだが。

 

約束はきちんと守る子。ずるはしない。宿題はまっさきにやらないと、遊びに集中できない。そんな几帳面なタイプだった。叱ることがなかった。

 

ずいぶん経ってから、相談員の先生からこんな話を小耳にはさんだ。2年生のおわりころだっただろうか。

「言おうかどうか迷ってたんですが、確信はないのですが、あのころ(不登校が始まったころ)、先生にきつく叱られて机の下にもぐって丸くなって泣いていたときがありました。」

「あれが何らかの原因になったのかもしれない」と。

 

もうずいぶん経っていたことと、小1のときの担任が転任されていたこと、証拠がないこと、今言われてもどうしようもないこと、等あり、私は「なんとまぁ。」といった感じでした。目からうろこです。どうも息子がマスクを忘れたらしく、これに関しては小1なので私の責任です。うまく先生に伝えられなかったのか先生も他のことで虫の居所が悪かったのか、理不尽な叱り方をしたようです(と聞きました)。

 

当時の息子は、教壇の前にたつ先生の注意はすべて自分にも向けられている言葉と受け止めていました。ので、宿題忘れや忘れ物には非常に神経質でした。

マスクは、息子の管轄外に近いこと、わざと忘れたんじゃないこと、そんな叱り方をされたことがないこと、でパニックになったようです。

 

いままでそんなパニックを起こしたことがなかった、見たことも私はなかった、相談員の先生もあれはかわいそうだったと言っていた。

 

その瞬間、彼の中でトラウマができたのかもしれない、と。

 

そのあと、数日がんばったが、行けなくなってしまった。

 

マスクを入れ忘れた私の不注意(私のせい)

叱られたことがあまりない息子(育て方のせい)

わざとではないのに叱られたこと(育て方のせい)

うまく忘れ物を報告できなかったこと(息子の性格)

アクシデントを共有できなかったこと(私と息子)

起こってしまったアクシデントをうまく消化できなかったこと(私と息子)

 

7月初旬から急に学校に行けなくなったこと。教室に入ることを2年間嫌がったこと等考えると、真実味が帯びてくるこの話。

 

社長と会話して、問題解決には初動が大事だっていうことがわかるね、、、と問題解決の難しさについて話してました。

時間が経ってしまっていて、原点に戻っての原因の解決は得策ではない。

今の状況をより把握して、未来のために動かなくてはならないねと言ってくれました。

わかってますが、わからないんですその道がw。というと協力したいと。

なんと優しいうちの社長。

 

本人はこの話はすっかり忘れている。たぶん聞いても覚えていない。

ただ「学校は行きにくいところ」というレッテルだけがしっかり張り付いている。はがせない。ボンドで張り付けたどころじゃないw。はがせない。

 

4年生の1学期ももうすぐ終わる。本当に焦りがでてます。

 

プールの授業がいや

先週から体育の授業でプールがはじまりました。

 

2学年合同の2時間授業です。

 

1年生のときは不登校になるまで数回、2年生のときはゼロ、3年生のときは1度だけプールに入っています。

 

プライベートでは冬でも父親と区民プールに出かけたりします。プールは嫌いではないです。そんな泳ぎが得意っていうわけではないですが、苦手でもないです。

 

今年もプール授業が近づいて、息子に聞いてみます。

「プールはじまるねー」「はいるのー?」

すると、

「うん、はいるよ」と、まったく不安もくそもない様子で答えます。

 

前日まで「はいるよ」と言っており、プールの準備もしっかりします。

 

いざ当日、5,6時間目がプールです。

 

なかなか腰があがりません。。。。とっても嫌そう。。

 

結局5時間目に少し遅れ、教室で着替えるよう促しても着替えない。。やっぱ嫌じゃん。。。

着替えずにそのままプールへ移動しました。プールではちょうどはじまったところで、参加確認の人数確認をはじめるところでした。

「げ、3年生もいるじゃん。。」とつぶやく息子。

そうだよ2学年合同だからねっていうととってもいやそう。

 

知らない人がいたり知らない空間はとても苦手です。。。

 

何度か「やっぱりはいってみる?」と声かけたもののまったく入る気のない返事。

私は仕事へいかなくてはならなかったので、息子に離れてもいいか確認しOKがでたのでそのまま会社へ。

 

帰宅後、プールのときの感想を聞いてみました。するとやっぱり入らなくてよかった敵なことを言っています。お友達がはいってるのちゃんとみた?ってきいたら、「アリをみてた」と。興味がないんですね。。

 

今週もプールがあります。さぁ彼は入るんでしょうかね。。はぁ。

 

スクールソーシャルワーカーさんの頑張り具合

そんな彼にスクールソーシャルワーカーさんがアクティブに動き出しました。

毎週の家庭訪問がはじまりました。

 

基本は月曜日の夕方。なにするわけでもなく、遊びにくるといった感じです。

スクールソーシャルワーカーからしたら、友好を深める意味合いがあるんだと思います。

わたしは同じ部屋にいたり別の部屋にいたりしてなるべく二人の時間の邪魔をしないように空気のようにしています。

 

最初はお話をしていましたが、やはり友好を深めるためには口下手な息子に対してはプレイカウンセリングが向いています。

 

折り紙をし始めました。

私が振ったんですけどね。スクールソーシャルワーカーさんは20代の男性なのですが、息子の器用さをほめては「おり方おしえて!」とテンションをあげてくれています。

 

その次はなにやら作品をみせたり、紙飛行機飛ばし会をしたりと遊びを通して友好を深めているようです。

みっちり1時間。接してくれています。

 

最近では一緒にゲームをしています。

 

息子はゲームが好きなので、お兄さんと一緒にゲームがしたいようです。

マリカーしたりマインクラフトしたりと。

自分の作ったワールドを紹介したりと主にスクールソーシャルワーカーさんが話をしているんですが、なにやら楽し気にやっています。

 

夕方いらっしゃるので私はその日はリモートワーク。

お茶をだしてそのあとは仕事をしたり(PCです)、ばたばたしたりしています。

 

忙しいのに毎週いらっしゃってくれています。

そのうち、一緒に學校いってみようかということにつなげていこうとされているようです。

 

母子分離不安ぎみの息子が、他人と行動できるようにといろいろ試行錯誤されているようです。

 

そんな私はいつも会社の上司からの「息子さんどうなの」的な質問や「もうちょっと会社こいよ」的な質問に、どうしようも答えられなくて困ります。

 

仕事は好きですし、この会社で続けたいですが、いまいち改善しない息子の不登校にもっと息子に寄り添って行動すべきではと考えたり、少し離れた方がいいのではと試行錯誤です。どっちがいいんでしょうね。。。

 

もうすぐ夏休みが始まります。残りの7月、できるだけ休む日がないように促していきたいです。